大学時代の友人とは時間を見つけてはランチを楽しんでいます。
彼女も現在専業主婦をしている女性で、昔からとても仲良くしている関係です。
私の結婚も盛大に祝福してくれたし、お互い家庭に入ってからも頻繁に連絡を取り合って、また時間を見つけては会ってお喋りを楽しんでいました。
その日もランチを一緒に行こうという事で誘われて出かけていったのですが、そこで思わぬ発言を聞くことになっていったのです。
どうしてもこの前にいたソフレの話が気になって、友人に話してみることにしたんです。
「こないだ読んでる雑誌に添い寝フレンドとか書いてあってビックリしちゃった。
あのような関係って本当に成り立つものなのかな?」
「知らなかったんだ、結構上手くいくものなんだよあれって」
「そうなの?」
何だかこの情報にはとても理解があるような口ぶりで話してきました。
「実はね、私もやっちゃってるんだよね」
「えっ、まさか知らない人と?」
「うん、エッチな事はしないんだけどさ抱き締めてもらったり腕まくらしてもらってリラックスタイムを楽しんでいるんだ」
まさか友人がこのような関係を楽しんでいるなんて、本当に驚くばかりでした。
「その男性に家庭の愚痴とか姑の愚痴とか聞いてもらいながら、その人の温もりで心がほっこりしてくるんだよね。
凄くいい関係になってるよ」

「本当にエッチなんかしないの?」
「うん、草食系の男性をみつける事ができてさ、手を出してこないよ。
ただちょっと意地悪して私からキスしたりはするけどね(笑)」
本当にこのような関係を作っている人が目の前にいる、当然自分も興味を持っていたためにソフレの作り方を聞いてみたい気になっていきました。
私もここのところ、夫から女として見てもらってなくて心が飢えている部分がありました。
浮気をするつもりはないけど、男性の温もりは欲しくてしかたがなくなっていたのです。

 

定番サイト登録無料
ソフレ募集サイトBEST5
ソフレ募集の先輩から教わったサイト