定番サイト登録無料
ソフレ募集サイトBEST5
ソフレ募集の先輩から教わったサイト

 

 今の夫とは24歳の時に結婚をしたのですが、当初は本当にラブラブな雰囲気を味わうことができていました。
かなりの熱愛をしながら恋人関係を楽しんでいたし、経済的にも精神的にもこの人だったら大丈夫だと言う事が私にはよくわかっていたんです。
結婚しても大丈夫な人と出会うことができて、なんて幸せなんだろうって気持ちになっていました。
順調に交際をして24歳になって結婚、そのまま専業主婦として生活をしていく事になったのです。
結婚をしてからも夫はとても優しいし、家事も手伝ってくれるし私の事を気にかけてくれます。
セックスも頻繁に行っていましたから、全てにおいて幸せを満喫することができていました。
夫と頻繁にセックスをして性的な部分も満足することができたし、女としての幸せを感じ続けていたのです。
夫から抱き締めてもらったり熱いキスをしてもらったり、何時だって熱い気持ちを持つことができていたんです。
それも3年前まではなのですが…。
3年前に子供が授かって、いよいよ家族が増えて幸せが倍増したと私は思っていたんです。
だけどその辺りから夫がちょっと変わりだしてしまったんです。
優しい態度はそのままなんだけど、セックスをしてくれなくなってしまいました。
それに抱き締めてもくれないしキスもしてくれなくなってしまったんです。
私はただのママに成りさがっちゃった感じで、女としての部分の幸せが遠ざかってしまったのでした。
寂しい気持ちを持っていた頃に、女性誌の特集にソフレというものを見つけました。
最初は何の言葉だかさっぱり分らなかったのですが、雑誌の記事を見ていくとそれは添い寝フレンドという事だったのです。

それを見た時かなり衝撃的な気分になりました。
自分もソフレ募集すれば浮気することなく女性としての幸せをまた実感していく事ができるかもしれないと思って、興味津々になってしまいました。
もちろん私にはソフレの作り方なんか分りませんから、ソフレ募集をすることができません。
でもこういう関係で女としての満足を得られるのだったら、自分も相手が欲しいという気持ちになっていました。
もし肉体関係抜きの関係をしっかりと理解してくれている男性と知り合えたら、また女としての幸せを感じることができるようになるかもと、大変強い興味を持つようになっていきました。

 

 夫の事は今でも大好きだし、できれば女として見て欲しいという気持ちがありました。
出産を機会にして自分が女という立場じゃなくなってしまったのは、とても寂しい気持ちになってしまっています。
雑誌で見たソフレというものには、とても強く興味を持つようになってしまいました。
エッチな事しなければ浮気に当たらないし、また女としての自覚を覚えてみたいという気持ちを持つようになっていったのです。

 

 

名前:武藤 紗耶香
性別:女性
年齢:28歳
プロフィール:
 女性は何時までも女として見て欲しいという気持ちを持つものです。
結婚する前からかなりラブラブだったし、結婚後も素晴らしい関係を作ることが夫とできていたのですが、出産を機会にして雰囲気が変わってしまったんです。
1人の女として見てもらうことができなくなり、最近はセックスもなくなってしまいました。
とても寂しい気持ちを抱えながら生活をするようになってしまっていたのです。